たいていのことは、コトバにする前に忘れてしまうのだが。


by jadet

<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

距離。

熱いストーブの上に一分間手を載せてみてください。
まるで一時間ぐらいに感じられるでしょう。
ところがかわいい女の子と一緒に一時間座っていても、
一分間ぐらいにしか感じられない。
それが相対性というものです。

--アルバート・アインシュタイン

科学をつきつめていくと哲学に近づいて、
物理学をつきつめていくと心理学に近づいていく。
近づいてはいるけど、その距離は結構遠いな、と思う。
それでいいんだけど。
[PR]
by jadet | 2009-02-24 17:41 | 今日の物語。

調子はどう?

「調子はどう?」
「どの調子?」

--漏れ聞こえた会話から。


「調子はどうだい?」と彼が聞くと、「どの調子よ?」と彼女が噛み付いた。
彼はちょっと困った顔で言う。
「いや、たとえば、体の調子とか仕事の調子とか……なんというか、ただの挨拶だよ」
「ああ、そうね」
彼女は笑う。
「そういえば、あなたは調子どう?」
「えっ、ぼく? ああ、調子はいいよ。絶好調だ」
彼女はまた難しい顔をする。
「だから、何の調子がいいの?」

実際に聞いた会話は最初の2行部分であとは創作。
それにしても、「調子どう?」と聞いて、「どの調子だよっ」と言うなんてよっぽど不機嫌だったのだろうか。久々に聞いた衝撃的な会話だった。
[PR]
by jadet | 2009-02-20 14:51 | 今日の物語。

罠。

シアター1010にて舞台『罠』を見てきた。
ロベール・トマ原作で推理劇の傑作と言われるもの。演劇に興味がない人でもこれは見ておいて損はないくらい、おもしろい。
基本、1つの部屋の中だけでストーリーが流れる。なのに、ものすごく盛り上がるのである。そういえば、フランスの傑作戯曲は場所が移動しないものが多いかも。

千秋楽は22日。それまでに見ておかないと、このメンバーのこの演劇は見られない。その儚い感じも演劇のいいところだ。
[PR]
by jadet | 2009-02-17 16:59 | 観たり読んだり。

Words.

Words are all we have.
(私たちが持ってるのは言葉だけだから)

--サミュエル・ベケット

私の好きな劇作家サミュエル・ベケットの言葉。音楽や絵画は国境を超え、感動を与えられていいなと常々思っているのだが、この人の言葉を聞くと、言葉にこそ力があると元気づけられる。
[PR]
by jadet | 2009-02-01 14:52 | 今日の物語。